大学生のための情報リテラシー

情報検索、レポートの書き方、図表作成、プレゼンテーション術

命令

1年前、大きな地震が起き、大きな津波が発生した。
津波によるその被害は、甚大であり、原子力発電所の電源喪失という事態をまねいた。

地震時には、北海道で、学会中であった。学生もいた。

この日の夜は、つる植物に関する研究会の発表があった。発表は、聴衆は身内が多かったがなんとか終わった。(この研究会の前だったか、後だったか失念したが、出張中の我々を心配して、研究室の小見山教授からも、大丈夫か?という安否を確認する電話があった。)小さな研究会であるので、研究会の後には、ちょっとした懇親会があるのは、常である。関連研究者に色んなことを聞ける機会なので、そこに学生達も来ていた。会食をすませ、それぞれの宿泊先に戻った。

私は、ホテルに戻った後、北海道内の鉄道に、11日の夜の時点で乱れはないことをフロントで確認し、部屋の電話で、帰る予定の12日に飛ぶフライトが、30分遅れで運行されることをANAの問い合わせ先の自動応答で、確認した。座席も指定してあるので、チェックインもいらない状態。

学生達は、北海道に学会に来たついでに、卒業旅行を計画していた。
しかし、私は、無情にも、学生達に、すべてをキャンセルして、ただちに岐阜へ戻るよう携帯電話のメールで、命じた。

原子力発電所が爆発する可能性がゼロではないと感じたからだ(実際に水素爆発してしまった)。
最悪の事態として、何日も、何週間も、帰れないという可能性を考えたからだ。
飛行機が北海道と本州の間を行きできないほどの大惨事がおきるかもしれないと思ったからだ。

メルトダウンは数時間後には起きていたので、帰れ命令が正しかったかどうかは、わからない。
もしかしたら、飛行機が飛んでいる最中に、爆発したかもしれない
(無論、ANAなら、中部-札幌間は、日本海側の海沿いを飛ぶため、爆風でとばされるようなことはないのだが。実際の爆発そのものは数日後だった)。

学生達は、格安航空券だったので、チケットの日程変更はできず、北海道から帰るためには、余分に費用を払って、帰らなければならなかった。学生達は、余分にお金を払ってでも、従った。たぶん4万ぐらい。幸いにして、次の日、札幌駅周辺で、すぐチケットが取れたと連絡がきた。

私は早めに新千歳空港に着き、かなり混雑していたが、予定通りのフライトで中部空港へ(千歳でまっている間に、川窪准教授からも電話があった。)。名古屋を経由して、岐阜へ戻った。
学生達も無事、夕方、戻ったとの連絡があった。

生涯ない卒業旅行の機会を失うことになっても、学生達は従った。

したいことではなく、すべきことを選択した。

入構許可書

大学へ車で入構するには駐車許可書がいる。
私はもっている(年間利用料も払っている。なぜ出勤先で、お金を取られるのだろう、、、)。
車が代車などで変わるときは守衛室で、申請する。自分の入構許可書をもっていって。

そこで、なぜか、1日“だけ”なら、
訪問先とか、訪問時間と書かせようとする。
こんな指示を警備員に出す人がもしいるなら、教えて欲しい。すぐさま、その部署に抗議するから。

だって、2日以上なら、代車用入構許可書を日付いれてくれるのに、1日なら、訪問先を書けと言われる。
私は、大学の職員だし、入構許可書には職員と書かれているし、職員証だってみせろといわれればすぐ見せる。

なのに、訪問先って、そんなものないよ。どこも訪問しない。私は、出勤してきただけだ。

おまけに、8時30分すぎに、警備員から、他の方(パートの方だろうか。女性)に変わると、
すぐさま代車用入構許可書をくれる。

さらに不愉快なのは、
「あなたに、こんな意味のわからない指示を出す部署はどこだ。教えて欲しい」と
ものすごい剣幕で問いだしていると、警備員の奥にいた警備員が、私の猛抗議をみて、笑っていた。

調査で違う車で行くこともあるし、レンタカー使う時もあるし、セカンドカーで来るときだってある。
入構許可書をもっていれば、どんな車でも入れるように規則を変えるだけで、お互いの仕事量は減るよ、これ。
職員が学生に、またがし?して、駐車許可書を貸すわけないんだから、なんで来ても(代車でも、レンタカーでも)、おいてあればいいでしょ、フロントに。
車の持ち主に連絡をとるのは、結局、許可書に書いてある番号だけが頼りなんだから。

たったこれだけ。それに誰か気がついてくれないかな。

われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る

買うほどの内容はないかもしれないが、考える時間をつくるためだけに読んだ。

人とパソコンソフトとの対戦は、結局はアルゴリズム対アルゴリズムの対決だ。

パソコンソフトには計算ミスはない(バグでとまることはあるし、熱暴走とかがあるが)。
人間には、精神状態によって手を誤る場合があるが、時間を1手1日ぐらいにすれば、プロの棋士はまだ負けないような気がしてきた。パソコンソフトは、将棋での序盤の形勢を正しく判断するアルゴリズムが人並みにはなってないから、いくら先まで読んでも、おそらく手の善し悪しの点数は変化しなくなっていく。

しかし、その一方で、羽生善治氏の言葉も気になる。ソフトの打った手の意味を人間が理解して、同じような結論が導き出せるかを問われるような気がするといっている。

駒のどこ位置に、どの駒があると何点かというような計算は、人には難しいが、それを人が理解できるようか、導ける訓練ができるのか、興味があるところだ。

アルゴリズムではなく、最後に勝つまでの手順のすべてを計算し尽くし、どの手を打つと、ここからは必ず負けるという詰め将棋のような計算(森下 卓氏がいう神の域に到達した場合)が、どこかで実行されれば、パソコンソフトの勝ちだろう、と思うが、千日手とか、(いずれかが勝負にいくから勝ち負けが決まるのであって)いずれも勝ちも負けもないようというような手順が、延々と繰り返されるのが究極の将棋だとすると、負けないが勝てもしないというアルゴリズムになってしまうかもしれない。将棋の面白さは、攻められるかもしれないリスクを背負って攻めるあたりにありそうな気がする。

囲碁には、セキがあり、先に手をいれた方が負けるという手順がある。将棋に千日手はあるが、先に手をいれた方が負けるという手順が将棋にも実はあるとすると、深い闇の中に将棋が落ちていってしまう。

何手目までに勝ち負けを決めるようなルールを作って、対戦すれば、コンピュータのアルゴリズムでは、それを組むのは、難しそうな気がする。このあたりに、まだ人とパソコンソフトとの間に、大きな差があるような感じがする。

どうだろうか。次の電王戦が楽しみだ。

われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る
われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る

再び、立ち上がる!

死をも覚悟したものの言葉がつづられていた。

再び、立ち上がる! ―河北新報社、東日本大震災の記録
再び、立ち上がる! ―河北新報社、東日本大震災の記録


あの日は、北海道にいた。
その時のことは、また今度。

Aris-Gifuの使いにくい点(その2)

これはデジャブじゃないか、、、。
インターフェースがめちゃめちゃ

登録シートの項目立ては、5つ。
しかし
Webで動的に更新できる項目立ては、6つ。
一致していない。

そして、無論、その下の階層の項目立ても一致していない。
登録シートの【基本情報】には、氏名、生年月日、性別、国籍、その他、主所属が、
Webで動的に更新サイトの【基本情報】では、氏名、生年月日、性別、国籍がある。

どうしてこういうふうになってしまうのだろうか。

Aris-Gifuの使いにくい点

岐阜大学以外の方には意味不明な記事です。

1.大項目と同じ名称の小項目がある。大項目をクリックして、そのページに飛んだ下に、同じ名称の小項目がある、例えば、取得学位。大項目に属している小項目が一つだから同じ名称になっているのかと思いきや、大項目の受賞をクリックすると、受賞学術賞という小項目が一つあるだけだが、同じ名称ではない。

学内運営管理をクリックすると、また学内運営管理があり、各種委員会活動とその他の学内運営管理活動とでる。同じ階層で、教育活動をクリックすると、授業と学生指導とでる。"等"がない。

これアウトラインプロセッサで書いたら、かなりおかしな階層になっていると思われる。今度やってみようか(時間の無駄か、、、。)

おそらく3クリックで、書き込みページの階層へ行くように設計されているが、更新のために、情報更新(Web)をクリックすると、最初に表示されるページが、すでに3階層目の氏名のところになっており、自分がどの階層にいるのかわからない。おそらく親切でこのページが開くようになっているが、逆に道に迷う。下の項目クリックするとアンカーが設定されていないので、クリックする度に、画面が一番上から表示して、クリックした項目が画面の下に消える。


2.ホームまで戻らないと編集ページへのリンクにいけない。自分のページにあってもいいと思うが。それに英語ページには編集ページにいくリンクがない。

3.自分のWebサイトを一つしか登録できない。日本語と英語で異なるサイトを指定したくてもできない。

4.登録シートでしかできない作業がある。

しかし、以前に比べればかなりいい。
あと関係ないがソートが更新日時順でもできると誰が更新していないのかわかるので、管理者(学部長や副学部長、課程長など)は、更新が指示しやすくていいと思った。

かなりデータを書き込んだ。以前書き込んだ次の日にデータがとんだことがあってから一度も書き込んでいないかったが、そうならないことを願う。

研究者情報

多すぎる研究者情報

■岐阜大学の教育・研究等活動情報
https://aris2.gifu-u.ac.jp/profile/ja.k07j55.html
https://aris2.gifu-u.ac.jp/profile/en.k07j55.html
これを更新するのが、職務上一番必要だ。

■ReaD & Researchmap
http://researchmap.jp/Shogo-Kato/?lang=japanese
http://researchmap.jp/Shogo-Kato/?lang=english
最低限の情報だけが見えるようにした。
デフォルトは、英語なのか。
http://researchmap.jp/Shogo-Kato/

■J-GLOBAL
http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200901075861063559
ReaD & Researchmapから自動更新されるらしい。
GeNiiなどへのリンクは便利。最近改修中らしい。ReaD & Researchmapと統合して欲しい。


■産学プラザ
http://www.sangakuplaza.jp/page/129489
ReaDが情報源だと思われるが、削除申請を今日した。
その内、削除されるだろう。

さらに研究室Webサイトに、Facebook、、、。

ベーシックインカム 分配する最小国家の可能性

文章が難しすぎる。
哲学の本だ、これは、、、。

ベーシックインカム 分配する最小国家の可能性
ベーシックインカム 分配する最小国家の可能性


しかし、このベーシックインカムという考え方は、重要だ。

「資産としての職」という言葉が気になる。
大学の教員という職にあるということが、資産である。それは、これを読む前から意識していた。

人の生産量をどのように分配すれば、人は平等に生きることができるか。国内問題だけはなく、国家間、つまり地球全体の問題である。

人類の生産性は、昔は、光合成で得られたエネルギーを利用して、生存、繁殖をするだけだった。それがいつしか、石油など、口から得るエネルギーでないものを利用して、生産性をあげてきた。

この総生産量は、地球全体でどの程度なのだろうか。
それを分配するということはどういうことなのだろうか、分配できるのだろうか。
生態学の学徒のはしくれとしては、そのあたりを計算しなければならないと思った。

チベットの祈り、中国の揺らぎ

2日間で読んだ。

ダライ・ラマを中心として
カルマパ
パンチェン・ラマ
アブシ・パン・リンジンワンモ
などチベットを取り巻く重要人物から描き出されるチベット問題の本質が、読後に重くのしかかってくる。

チベット(自治区)、内蒙古自治区、新疆ウイグル自治区が共通に抱える問題、チベットへの、かつてのアメリカの支援など知らないことが多かった。

転生の問題、ダライ・ラマへの信仰心(忠誠心)がもたらす葛藤など、チベットを理解する上で欠かせない要素であることがよくわかった。

ダライ・ラマは言う
『たとえ人種の違い、肌の色の違い、宗教の違い、年齢の違いがあっても、根本的な違いはありません。精神、感情、心理の面では、私たちはみな同じです。』
だから、過去の不当な扱いを憤っても意味がないと。
そして、
『私たちはみな同じ人間です。誰も戦争は望みません。誰も苦しい思いをしたくありません。力を合わせましょう。』と。

中国という国の中でチベットは生きるというダライ・ラマの主張が、中国政府、中国の人たち(漢族)に受け入れられる日がくるのだろうか。

多様性こそが中国の底力であって欲しい。そう思う。

チベットの祈り、中国の揺らぎ――世界が直面する「人道」と「経済」の衝突
チベットの祈り、中国の揺らぎ――世界が直面する「人道」と「経済」の衝突

こうして世界は誤解する

こうして世界は誤解する――ジャーナリズムの現場で私が考えたこと
こうして世界は誤解する――ジャーナリズムの現場で私が考えたこと

個々のジャーナリストがコントロールできる要因を超えたところにある要因―それでいて報道の内容や方法に影響を与える要因―について書いたものである。と著者自らがあとがきに書いている。中東での取材を通した視点で書かれている。

その要因の大きさへの自分の無知に驚かされる本。メディアリテラシーを身につける上で注意すべき視点が多数ある。

独裁政権と民主主義、
広報上手と広報下手
エジプト、イラク、シリア、スーダン、
イスラエルとパレスチナ
ビンラディンと欧米など
そして、先入観に囚われた中東のイメージを解きほぐす。

次はチベットだ。
チベットの祈り、中国の揺らぎ――世界が直面する「人道」と「経済」の衝突

風評被害

風評による被害発生のメカニズムを、ちょっと考えてみた。
実際には存在しない因果関係を作り出してしまった場合に起きることがある。
つまり、情報の確からしさを判断できないために生じる。

そのケースには2つありそうだ。
原因の確からしさがわからない(あるいは誤解する)場合と、
因果の確からしさがわからない(あるいは誤解する)場合に生じる。
(無論、この両方という場合も)

前者は、例えば、放射線量の測定値が正しいか、わからないから。
後者は、例えば、健康に影響を与える程度の放射線量が、わからないから。

前者は、精密な測定をすることで回避できるが、測定漏れがないかという不安が、測定の確からしさに疑念をいただかせる。これは、漏れさえなければ、確からしさはかなり上昇する。

後者は、放射線量が健康に与える影響は、残念ながら専門家でも意見がわかれるため、主張の最低値か、ゼロに近い値まで閾値が下がる。どのような因果が確からしいのか、わからない、決められない。おそらく数十年後に少し影響がわかり確からしさが少し上昇するか、低放射線量の影響は私生活の影響の方が大きくて、検出できず(影響がないという意味ではない)、確からしさはまったく上昇しないかもしれない。そうすると、因果の確からしさを上昇させることは難しい。

そうすると、放射線量の測定値の確からしさを上昇させるしかない。測定漏れを無くす以外に、方法がない。しかし、砕石のケースのように想定漏れがある場合などもあり、測定漏れを回避できないとすると、原因の確からしさを確定する方法がない。誰でも簡単にすべてのものを測定できるような状況が必要であるが、難しい。

風評被害は、なくならない、このままだと。

農林水産業に携わる人々の苦悩を考えると、原発、そして原発事故の問題に向き合わなければと思う。

男女共同参画推進

男女共同参画推進に関するシンポジウムを聞いてきた。男女共同参画推進室長の副学長から、直接、お誘いのメールも来たので。

育児などに関わると、時間が足りないといった点がパネリストから意見として出されていた。実験などは家ではできないので、デスクワークと違って。

私は育休をとっていないので、偉そうなことはいえないが、男女共同参画推進の先生の講演会などや、今回のシンポジウムで、私は、パラダイムを完全に転換して、研究に臨んでいる(ことに気がついた)。

30年程度の研究人生で、1年〜2年、研究から離脱して当然と考えればいいと。
夫婦で、子供を持つことを選択すれば、女性は必ず仕事から離脱する時間が生じる、物理的(?)に。
男性は、物理的(?)には生じないが、男性も同等と思えば気が楽である。
1本、2本、論文が減ろうが、子供をよりよく育てることに時間を使って、人生、生きた方が、幸せだ。
(他人には強要しないが)

それに、教育現場(大学)で、どういう生き方をしているのかを見せることが重要で、それが社会にでる学生達の考え方に影響することを考えれば、大学の教員の生き方が社会構造に影響を与えてしまうから、周りの先生の中にも、そういった(子育てに関わる)姿を見せるべきだと考える方がいる。

問題は、育休中の生きる金銭的な糧と、不在時の人的資源の補完をどう確保するかだ。
このあたりは、また、何か考えついたときにでも。

読み合わせ

出版する本の校正作業を少ししている。この中で、読み合わせを一部している。

デジタル入稿なので、文字の入れ間違いはほとんどない。
しかし、横組みのデータを縦組みにしているので、1990年を一九九〇年と変更しているところがある。
これは、時々間違って変換していることがあった。しかし、これは印刷屋さん側のミス。

一方、読み合わせると、聞き取りづらい、つまり文章が長い、主語述語がはっきりしないといった文章があぶりだされることがある。

誤字脱字もそれなりに見つかるのだけれど、いまさらながら、誤字脱字を探す以上の効果が、読み合わせにはあったのだと実感する。

時間はかかるが、費用(時間と人)対効果としては、やるべきだと思った。

判例主義

日本は、判例主義だ。

判例がないと、違法(不法)かどうか判断しにくい。ある事例に、その判例が当てはまるかどうかは、その事例に、その判例が当てはまるように状況が合致している必要がある。判例があるから大丈夫とは、なかなか、言えない、と思う。契約書があれば、状況の同一性の程度を判断しなくてもいい。

契約書が法律を超えて、契約しているときは、違法(不法)だろうが、互いに合意していれば、痛みは小さい。そういうものだと気がついた。判例があるから問題ないと言われる方とのやりとりの中で。

心配性なので、こっちは契約書が欲しいだけなのです、、、。

節就宣言?

カヤックという会社がやっている節就宣言というサイトで、
エントリーをする前から、ある程度、どれぐらいこの会社に合ってるかがわかれば、就職活動のエントリーを少し節約できるはず(対策も可能)。
そこで、志望動機で合格可能性を判定いたします。志望動機を専用フォームからお送りください。
事前にカヤックの合格度を判定いたします。
もっと無駄を省きたい方は、他社への志望動機でも構いません。

カヤック社員の顔を分析した結果による「顔での合格可能性判定」や、Facebookのソーシャルグラフでの合格可能性判定のコンテンツも用意しています。

とあった。

さすがに、志望動機書はないので、Facebookとの連携で、カヤックという会社との距離を診断してもらった。
http://www.kayac.com/recruit/sesshu/

1000kmとでた、、、。

就職活動をスタートする皆さん、時間を無駄にするような就職活動をしようとしていませんか?
全部の会社から内定をもらえる人は、まずいません。
そうであるなら、あらかじめ相性の良さそうな会社を絞り込んで受けてみては?
就職活動の時間は短く。その分、学生生活を有意義に。


だそうだ。

就職が目的なのに、就職活動という手段そのものが、目的になっている人?への、おもしろい警告。




目的

何かを改善しようとするということは、目的がある、崇高な目的が。

でも、時々、何のためにそれをやるのだろうということがある。

なぜか手段が優先され、なぜ、それをやるべきであったかという目的が見えなくなっていく。

目的をみつめれば、おのずとどんな手段でそれを実現すべきかということが決まってくると思うのだが、、、。

地震予知

生態学と地震学を対比して考える。

地震学では、予知できると考えて?、予算を獲得し、いつ地震が起きるか、明らかにしようとしてきた。
しかし、これは生態学で考えれば、あそこの場所に、あの樹種の木が生えてくると予知できるといっているようなものだ。生態学に置きかえれば、地震学の予知が、かなり無理なことは想像できる。

生態学なら、このあたりに、あれとかこれとかの樹種の木が、生えてきそうと予測するモデルをつくることがぐらい。あそこの山の標高、これくらいのところなら、あの樹種が優占するだろうとか。

天気予報のように、大気の状態などがわかっていても、あたらないことはあるのに、将来起きる地震のことを予知できるというのは、やはり、いいすぎだっただろう。

パラダイムの転換にだいぶお金と時間がかかった。しかし、気がついたんだから、次にいかせる。どの程度の地震が、どの程度の間隔で、どの程度の被害が想定され、どの程度備えればいいのかを、示していく方向になるだろう。その危険度を、規模や時期で予測することはできるだろう。

これ以上の悲しみを生まないために、新しい地震学による次の一歩を、次の一手を。

e-learningと著作権

明治大に、たんてきに、詳しく書いてある。
インターネットで公衆送信が認められるのは、実際に授業が行われる主会場から遠隔地の副会場に同時中継される場合のみであり、 “いつでも・どこでも”さまざまな場所に配信するeラーニング教材は、この例外規定の対象にはならないのです。

http://www.meiji.ac.jp/ubiq/contents3a/work/drmwork.html

しかし、誤解している方もいる。

校内放送や校内LANなら、送信することが許されているので、e-learningでも、他人の著作物を掲載してもいいと理解しているケースだ。

例えば、文化庁の資料の中のこのような文章を誤解している。
なお、この公衆送信権は、学校内などの「同一の構内」においてのみ行われる「送信」の場合、対象となりません。したがって、学校の校内放送では音楽を自由に流すことができます。また、通常校内LAN(ローカル・エリア・ネットワーク)を使う場合も同様です(ただし、プログラムの著作物はこの例外となります。)

http://www.bunka.go.jp/chosakuken/text/pdf/chosaku_text_110602.pdf

校内は法律上、構内である。これは、公衆送信の例外規定である。

著作権法
七の二 公衆送信 公衆によつて直接受信されることを目的として無線通信又は有線電気通信の送信(電気通信設備で、その一の部分の設置の場所が他の部分の設置の場所と同一の構内(その構内が二以上の者の占有に属している場合には、同一の者の占有に属する区域内)にあるものによる送信(プログラムの著作物の送信を除く。)を除く。)を行うことをいう。


構内は、一つとは限らず、その占有区域が離れていた場合、その2つの構内(例えば、AキャンパスとBキャンパス)という場合に、限定されて、有線でも無線でも送信されることを許している。

しかし、e-learningは、公衆送信を可能にしている。他人の著作物をe-learningシステム上にアップロードすれば、送信可能化権を侵害することになる。e-learningシステムは、決して、同一構内ではない。パスワードで学生しかアクセスできないが、それが構内ということではない。同一の者の占有に属する区域である必要がある。

また、これは公衆送信したかどうかが問題ではなく、送信可能化権をおかしたこと自体が罪に問われる。つまり誰もダウンロードしていないくても、駄目である。

だって、もし、誤解が誤解でないとすると、他人の著作物(つまり、教科書)をばんばんデジタル化して、アップロードできる。そんなことが許されるわけがない。誤解している方は、早く誤解を解かないと、著作権法違反です、、、。

これが情報処理演習の担当教員(私)の、平成18年の改正著作権法の理解である。




規範意識

風土保全教育プログラムをやっていて思う。

規範意識が生まれるためには、やっぱり、その集団でルールを守ることが生存(集団への帰属)に強く影響するような状況に、個人が置かれなければ、駄目だ。

ルールを守らなくても生きていけるなら、規範など生まれないし、共有できない。風土も生まれない(風土は、適当に書けば、主に自然環境の制約に基づく規範)。そして、風土も理解できない。

風土保全教育プログラム

旧荘川村で、風土を学ぶ講義・実習に数日行く、この雨模様の中。

荘川村は、世界遺産の合掌集落の白川村の上流に位置する村で、電力確保のためのダム建設のために分断される以前は、上白川とも呼ばれる地域だった。御母衣ダムができて、完全に分断されてしまった。荘川桜の移植ばかりが強調されるが、その裏にある移住の歴史は、(荘川村史上下巻が手元にあるが)悲しい歴史だ。

この御母衣ダムに沈んだ地域に住んでいた方々の一部は、いま私が住んでいる居住地の近くに移住している。

近くの神社で、獅子舞の奉納が、毎年あるが、調べると、時の流れを感じる。荘川を離れた村民の方々は、もう奉納していないのか、、、。
http://buns.jugem.jp/?eid=103

※風土保全教育プログラム
名前からして、風土を保全することが目的と思われがちだが、保全されている風土を教育に用いるプログラムと思ってもらった方がよい。
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
プロフィール
作者:加藤正吾(Shogo KATO)

大学生の情報リテラシーの向上によって、荒廃した日本社会を少しでも良い方向へ向ける一つの力を提供できればと考える一社会人
  • ライブドアブログ