大学生のための情報リテラシー

情報検索、レポートの書き方、図表作成、プレゼンテーション術

2022年02月

ルール

ドーピングが問題になっているけど、
16歳未満は暫定出場禁止措置がないんでしょ。
それでスポーツの裁判所に判断を仰いだら、結局、でていいと。
それなら、そのルールにしたがって出場できることに異議を唱えるのがおかしいと思うんだけど。

ルールにしたがって、判断され、裁判結果に従うから、訴えたんでしょ。
自分に都合の悪い結論でも従うのがルール。

あとはB検体で同じように検出されるか、された場合に、措置がどうなるのか、ただそれだけ。
検出されれば、ドーピングで得たメダル。賞賛に値しない。

決勝で24人から25人出場できるようにしたんだから、とくに不利益もない。
あるとすれば、表彰式がないということ(これはかなり大きいけど、事後のドーピング検出で剥奪でも結局は金メダル授与のセレモニーがタイムマシーンで遡って行えないのと一緒)。

客観視

客観視するのは難しい(客観視してもらうのは難しい)。
新刊
Amazonから購入される方
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




おおよその中身を確認されたい方
→→→詳細ページ
(ここからさらに改訂・改良されています)


情報リテラシーの教科書の最新版が、出版されました。
採用数だけをあらかじめ増刷しますが、臨時増刷も場合によっては可能です。
定価は2750円(税込み)です。

大学生の情報リテラシーの向上によって、荒廃した日本社会を少しでも良い方向へ向ける一つの力を提供できればと考える一社会人
作者:加藤正吾
(Shogo KATO)

Recent Comments
  • ライブドアブログ