2007年01月15日

オープンソース現象:ウェブ進化論-本当の大変化はこれから始まる

こんなに売れたから、
買わないようにしようと思っていたのに買ってしまった『ウェブ進化論』を読んで。

オープンソース現象を現実社会で起こそうとした場合、ネット上より費用がかかることという内容が、一番気に留まった。




逆に言えば、オープンソース現象を現実社会で起こすためには、
費用を下げることに注意を払わなければならないということ。
当たり前なのだが、意識することがなかった。

オープンソースの思想にはまるだけでは、社会は変わらない。
つまり、実現するための費用を下げるための努力が社会を良い方向に変えるのではと思うようになった。あるいはオープンソースで下がった費用で何かをしなければ何も変わらないと。

そのために何をすれば良いか。まだ、答えは見つからないけど、考え続けよう。

他にも、Googleそのものや、GoogleとYahoo!の違いを、
いい意味で考えさえられた内容だが、それはまたいつか気が向いた時に。

wakabayashishogo at 09:20│Comments(0)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ウェブ社会をどう生きるか  [ 大学生のための情報リテラシー ]   2007年05月28日 15:07
『ウェブ社会をどう生きるか』(西垣 通著)を読んだ。 私は、情報学を専門的には学んだことはないので、 表面的なコメントしかできないが、 『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』への反論がところどころに ちりばめられている本だ。 拙書(大学生のため....

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
Recent TrackBacks
予想的中 (大学生のための情報リテラシー)
シンポジウムとブース展示
政治家って (大学生のための情報リテラシー)
造反=信念?
移管撤回:市岐商-立命館と市議会-市長 (大学生のための情報リテラシー)
岐阜市長
財布をまた拾った (大学生のための情報リテラシー)
警察署
行ってきたけど (大学生のための情報リテラシー)
交通案内
Adobe GoLive 9 (大学生のための情報リテラシー)
アドビ、「Creative Suite 3」を発表だってさ