岡嶋裕史著の『構造化するウェブ』を読んだ。

表現型ではなく、遺伝子型からウェブの本質をとらえているのだと思う。
より構造化に適したデータ管理手法がウェブの利便性を享受でき、その方向に進んでいる。

構造化がもたらす利便性と恐ろしさを痛感する。




前書もセキュリティについて、遺伝子型を説明してくれているので、結構良い。
セキュリティの本質を理解するのに。