特許に関係して、
卒業論文発表会の公開、非公開が議論される。

公開すると特許の出願ができなくなるからだ。

また、発表時点で特許になるかどうかわからなくても、その後特許がだせるとわかったときに、申請できるように非公開にするという。ただ、いくら同意書をとったところで、誰かが、外でしゃべれば知識は漏洩するわけで。なので、特許に関係する非公開審査は完全非公開(発表者、審査者)で行い、それ以外は完全公開審査会にすれば、いい。

あとで特許になることに気がつくなんて、それ自体が指導力や将来を見通す能力の問題であって、それを救済するために、発表会全体を非公開にするなんて、科学の発展を志す大学人とは無縁であって欲しい。

大学には研究と教育の場であるので、教育の側面を考えれば公開であろう。それが阻害されるような研究というのは、どうかと思う。一方で、特許を囲い込むような企業に就職するという意味で、今からそういった意識を非公開審査会で育てる分野があっても良いでしょう。

結局、どんな人材を社会に向けて育てるかという組織の方針を決める必要があるのかもしれない。