2014年02月19日

やりたいプレゼンからすべきプレゼンへ

少し前に、東海地区の医学系図書館の勉強会で、「やりたいプレゼンからすべきプレゼンへ」という話をした。
講演の依頼の初期のタイトルは、「効果的なプレゼン方法について学ぶ」云々というようなタイトルだったが。

アニメーションをやりたいとか、注目をあつめたいとかより、どうやった方が情報伝達がうまくいくかということに力点をおいて行った。

かなり準備したおかげか、アンケートの結果はよかった。このとりまとめをいかして、来年度の情報処理演習で使うテキストの内容を鋭意改訂中。来年度は、出版せず、くるみ製本にしようと思っている。



wakabayashishogo at 14:43│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
Recent TrackBacks
予想的中 (大学生のための情報リテラシー)
シンポジウムとブース展示
政治家って (大学生のための情報リテラシー)
造反=信念?
移管撤回:市岐商-立命館と市議会-市長 (大学生のための情報リテラシー)
岐阜市長
財布をまた拾った (大学生のための情報リテラシー)
警察署
行ってきたけど (大学生のための情報リテラシー)
交通案内
Adobe GoLive 9 (大学生のための情報リテラシー)
アドビ、「Creative Suite 3」を発表だってさ