なかなか浸透しない。赤と緑でサインを示すなんて、よくないんだが、未だに普通に行われている。

情報処理演習でも、障害は二人の間にあるものであって、誰かにあるものではないと言っている。
授業評価の中には、この障害に関する考え方がよかったと言ってくれる学生もいる。