大学生のための情報リテラシー

情報検索、レポートの書き方、図表作成、プレゼンテーション術

大学

情報処理演習のテキスト

情報処理演習、情報リテラシーの大学生向けテキストが、ほぼできました。
現在、鋭意、校正中です。

PDF原稿による出版です。
沢山刷れば、1冊の単価を下げることができます。ただし、買い取りでですが。。。
クラウドファンディングのように、採用いただければ?、1冊の単価が下がっていきます。

OpenOffice.orgによる大学生のための情報リテラシー

d7014950.jpg『OpenOffice.orgによる大学生のための情報リテラシー
-情報検索・レポートの書き方・図表作成・プレゼンテーション術-』
を4月1日に出版します(予定)。

OpenOffice.orgの使い方(マニュアル)にとどまらない情報リテラシー獲得のための本です。

総ページ数149(予定、あと1ページ増加する可能性あり)。
白黒印刷。表紙はアストルPP加工、無線綴じ製本、見返し有り、カバーなしの予定。
1冊2300円前後の予定(初版冊数が多いほど安く定価を設定します)。
必要数+αしか印刷発行しませんので、アマゾンと出版社の三恵社から
少数部数しか入手が困難です。

もし、
情報処理演習の教科書に採用を検討していただける大学の先生がおられましたら、
プリンタによる出力の製本予定原稿を送付いたします
(または印刷不可のPDFファイルを送付します)。
大学公用アドレスから送信ください。大学住所宛にのみ送付いたします。
出版脱稿・冊数確定までの期日が差し迫っており、
必要冊数は、2月26日(月)までにご連絡ください。
その他の必要な事項は、万が一採用していただけた場合に、ご連絡します。

加藤正吾(shogo@gifu-u.ac.jp、@を半角の@に変えてください)まで
ご連絡ください(フォントの関係で、全角のアットマークが半角のアットマークに見えることがありますが、アットマークを半角に変えてください)。
続きを読む

OpenOffice.orgその3

なんとかImpressまで書き終えた。
あと、校正に校正を重ねる必要がある。
さらに、動作確認?
Ms-Officeの匂いの消し忘れがないか確認。

まだα版のでき。
なんとか4月出版が見えてきた。

新刊
Amazonから購入される方
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




おおよその中身を確認されたい方
→→→詳細ページ
(ここからさらに改訂・改良されています)


情報リテラシーの教科書の最新版が、出版されました。
採用数だけをあらかじめ増刷しますが、臨時増刷も場合によっては可能です。
定価は2750円(税込み)です。

大学生の情報リテラシーの向上によって、荒廃した日本社会を少しでも良い方向へ向ける一つの力を提供できればと考える一社会人
作者:加藤正吾
(Shogo KATO)

Recent Comments
  • ライブドアブログ